ケガのスペシャリスト 柔道整復師!

昔から「ほねつぎ」という愛称で親しまれてきたのが柔道整復師。

整骨院・接骨院の先生たちです。 

「ほねつぎ」とは「骨接ぎ」、読んで字のごとく「骨を接ぐ」→「骨折を治す」職人です。「骨を接ぐ」だけでなく、はずれた関節(脱臼)を元にもどしたり、ねじられた関節(捻挫)の治療、打ち身(打撲)や筋の断裂(挫傷)の処置も行います。

まさに「ケガに対するスぺシャリスト」といってもよいでしょう。 

まずは、どんな仕事なのかのぞいてみましょう。 症例やご紹介ページへ→ 

整骨院の仕事の特徴は、こういった「ケガ」を外科的な処置をせずに治すことにあります。

骨折や脱臼であれ

● 徒手整復(熟練した手技により、骨の位置を元に戻すこと)

● 固定(戻した位置関係を維持すること)

●  物理療法(電気療法・温熱療法により損傷部の回復を促進すること)

●  リハビリ(物理療法やマッサージ、機能訓練等により社会復帰を促進すること)

一般に「切れたら手術」と考えられている「アキレス腱断裂」も手術しないで治します。 

整骨院での保存療法(外科手術をしないで治すこと)のメリット

● 損傷を最低限に抑えることができる。

● 皮膚や皮下組織を傷つけないので治りが速い。

●  傷跡が残らない。

●  感染のおそれがない。

●  入院・点滴・投薬がいらない。

●  治療費が安い。

●  毎日経過観察できるのでミスがなく、キメ細やかなケアができる。

●  固定しながら同時に物理療法も行うので、リハビリの期間が短縮できる。