宇都宮市との災害救護協定を締結しました。

11月8日、佐野市・栃木県に続き、当会と宇都宮市との間に災害時の救護に関する協定が結ばれました。 

佐藤宇都宮市長・中村保健所長・手塚保健福祉部長と、当会の若林会長・歯科医師会の小林豊会長・薬剤師会の土川康夫代表理事の三者が、同じ目的のため協同の災害協力協定を締結する事になりました。

他の医療関連団体と同じ目線での協定締結は、私たちにとっても新たな一歩となりました。

3P_06.JPG

 この協定は、大規模災害の発生時にいち早く県民・市民を救護し、人的被害を最小限にとどめること、災害現場で私たち『柔道整復師』が『成すべき事』に積極的にかかわることで、被災された方の『苦痛』を減らすお手伝いができれば、という思いの表れです。 

中でも私たち『柔道整復師』のもつ、卓越した外傷応急手当の知識と技術は、災害現場においてますます重要なものとなることでしょう。

会員の皆様におかれましては、今後当会において主催する『救護員研修』にご参加いただき、さまざまな環境下での救護に関わる知識・技術を向上させていただきたいと思います。

 

公益社団法人 栃木県柔道整復師会 総務部