帝京大学とのジョイントシンポジウムを開催しました

8帝京大学・栃木県柔道整復師会ジョイントシンポジウム

 平成28年7月31日 帝京大学宇都宮キャンパス

 

帝京大学医療技術学部柔道整復学科講師 阿部弘之先生

「鑑別診断と医療系領域に於ける共通言語の確立の重要性」

 

特別講演

富山大学医学部システム情報科学教授 西条寿夫先生

「筋障害のメカニズムと柔道整復後療法の有効性」

 

帝京大学理事長・学長 佳史

「帝京大学創立50年の歩みとこれまでの歴史をしのぐ未来」

 

栃木県柔道整復師会塩谷支部滝田藤夫学術部員

takita fujio.jpg

「県内少年柔道大会における救護活動報告」

 

 

当会が十数年前から行っている柔道大会への救護派遣の実績の中から、

救護活動調査期間を3年とし、負傷状況の実態や調査・分析・検証を報告しました。

 

栃木県柔道整復師会足利支部片柳敏彦事業部員

katayanagi toshihiko.jpg

「膝蓋骨不全骨折(横骨折・縦骨折)の施術についての一考察」

 

 

受傷直後はラバーパッドや金属副子を用いた包帯固定を、

そして回復期にはテーピングを施し、

自動・他動運動の併用により正座が可能になるまでの治療経過を発表しました。

医師と連携を保ちながら、横・縦骨折それぞれの腫脹の軽減を図り、

運動障害の長期化を予防しました。

広報部

  

    

 

 

今年も行ってきました。男体山登拝祭救護活動

 

nantai2016-1.jpg〜標高2486m 猛烈な雷雨と満天の星〜  平成28年7月31日


私は今回、男体山登拝祭に救護奉仕団の山頂班の一員として参加してきました。

15時30分、真夏の晴天下、

7合目に設置された救護所から赤十字の看護師4名と登坂開始。

(7合目までは赤十字の救護車などに分乗して移動します)

背負った登山バックは水や食料・救護資機材、AED装置まで含めると約20キロ…

とにかく重い!

nantai2016-2.jpg

幸いにも大事に至るような外傷を負った傷病者が発生する事もなく、

午前中いっぱいで救護活動は終了し、

私たちも無事下山することができました。

災害時救護という活動は、限られた人員と資機を駆使し、精神的にもとても大変な活動ではありますが、

私たち柔道整復師の持つ外傷処置技術が、このような救護活動で少しでも発揮できれば、

円滑に救護活動が進み皆様の役に立てる事ができるのではないかと感じました。  

宇都宮支部 刈屋 翼