第54回栃木県公衆衛生学会

平成28831日、栃木県総合文化センターにおいて第54回栃木県公衆衛生学会が開催されました。

 

高村嘉一学術部員が、当会員の協力を得て収集した920人分のアンケートデータを分析・考察し2016公衆大会1.png

「負傷する確率が高いのは利き手か反対側か」との演題で発表を行いました。

興味深い点は、利き手側の負傷は、右利き58.08%、左利き66.67%であったことや、

女性に限ってみると、利き手側の負傷は、右利き58.7%に対し左利き81.48%と多いことです。

 社会においては右利きが約90%と多数を占め

「道具・機器が右利きを意識して作られていることや、

スポーツ競技の設定も右利きを前提にしていることが多く、

特に筋の脆弱な女性にとって不便で負傷につながるのではないか」と考察しています。

今回の発表は、予防医学の観点からみても大変有意義だったと思われます。

  

発表に先立ち行われた保健衛生事業功労者表彰では、

当会から知事表彰を

吉田仁(足利)

大会長表彰を

藤野実(宇都宮)

小林栄稔(鹿沼)2016公衆大会2.png

上田利雄(小山)

磯雅弘(塩谷)

石塚文隆(芳賀)

の各会員が受章しました。

平成28年度栃木県さくら市総合防災訓練に参加

827    さくら市総合運動公園

役員・塩谷支部会員を中心として「平成28年度栃木県さくら市総合防災訓練」に参加し、

公益法人として、また、柔道整復師としての責務を果たすこと、

 そして社会的地位や認知度向上のため汗を流しました。

 

訓練の場では、「接骨・整骨奉仕団」として傷病者の応急処置を行いました。2016.10防災訓練01.JPG

スムーズな救助活動を行うためには、医師、看護師をはじめ全員が協力して、

役割分担しながら救助に当たることが1人でも多くの命を救うことに繋がります。

私たち柔整師は外傷のスペシャリストであるという自信のもと、

要救助者の患部の処置を手際よく行いました。

 

 2016.10防災訓練02.JPG

  また、活動の一環として骨密度測定等の健康相談を行い、

  300人近い方に訪れていただきました。

 

 

 

 

 2016.10防災訓練03.JPG 

当日はCRT栃木放送が中継を行っており、

当会奉仕団を代表し片岡会長のインタビューが午前10時から生放送されました。

  

広報部