第79回学術講演会を開催

<平成28年10月16日 帝京大学大講義室>

2016やました.JPG

「二つの震災を経験して・医療者にできること」

講師 自治医科大学救急医学・消化器外科センターの山下圭輔教授

 

「もしもの事態にどれだけ備えられるか」

備えがあれば、被害を軽減できる(減災)。

 

実際に県内で発生した災害の被害状況や、災害急性期に活動できる機動性を備えた医療チーム『DMAT』の役割を説明していただきました。

また、先に発生した熊本地震の事例を踏まえて、柔道整復師の災害派遣現場での役割と災害現場における災害医療の重要性についてお話しいただいた。

最後の「ただ単に熱意があるというだけで現場に入って活動してはならない。現場で活動するには、それにふさわしい知識と装備が不可欠だ」という先生の言葉が印象的でした。

その時、何ができるのか。

現在、災害医療に対する十分な準備ができているのか。

改めて、自分自身に問う機会を与えていただいた貴重な講演でした。

                                     学術部 

第28回支部代表者研究論文発表会

平成28年10月16日、各支部から選ばれた先生方の研究論文の発表が行われました。

 

第1発表 芳賀支部 磯 忠祐

「ぎっくり腰・寝違いにおけるコントラスト療法について」

第2発表 塩谷支部 大山 良孝

「ロコモティブシンドローム予防に対する自己トレーニング方法の応用」

第3発表 那須支部 福田 雄輔

「成長期における野球肘と投球フォーム」

第4発表 宇キ宮支部 加藤 一広

「顎関節前方脱臼整復法について」

第5発表 宇都宮支部 田代 光識

「腰部の伸展痛に対する近位脛腓関節の可動回復矯正の効果」

第6発表 栃木支部 疋田 拓也

「肩関節前方脱臼の整復法」 ―患者に優しい整復法―

第7発表 足利支部 佐藤 直樹

「糖尿病患者の捻挫・打撲による負傷の経過と治癒期間についての考察」

第8発表 鹿沼支部 赤松 保宏

「レーザーポイント療法を応用した上腕骨外側上顆炎の治療」

第9発表 小山支部 高嶋 大樹

「妊婦の疼痛に対するJRC療法を使用したアプローチ」

2016論文発表.JPG