個人請求をやめて当会に入会した柔整師の声

私が(公社)柔道整復師会を選択し正解を導き出したと確信した理由

 

開業時、専門学校時代の恩師に個人請求を薦められました。

恩師は個人請求をしている接骨院を集めて、傷害保険や年に1回の会合を行う程度のこともやっていました。

保険対策など無くすべて手探りの中、不安ながら開業したことを覚えています。

開業後、月初めのレセプト作業にいつも時間を取られていました。

各保険者に申請書を送付する手間、時には請求額よりも送料が高くなることもありました。

国保や協会けんぽなど県内にある保険者には直接出向き申請書を手渡しもしました。

当然返戻も多く、対応も分からず再請求しないこともありました。

 

後から開業した友人達から団体のことを聞き悩んでいるときに、栃木県柔道整復師会からFAXが届きました。

「会の説明などを希望するか否か」くらいのことが書かれていたように記憶しています。

1人ではどうにも対応しきれずこのままではいけないと思いFAXを返信しました。

しばらくして、栃木支部の支部長と理事お二人が来院し、栃木県柔道整復師会について説明をしてくださいました。

 

入会後に驚いたことはレセプトにかける時間が極端に短くなったこと、

分からないことは聞けば答えがすぐに返ってくること、そして何より返戻の少なさ。

 

柔道整復師会主催の講習会、講演会、勉強会などは個人で勉強することとは得られる知識の量・内容が違います。

そこで知った医師や病院との連携。これも大きな理由です。

当会ならではの「病院との提携登録証」。

患者さんに言われました。

「こんな病院と提携しているのは安心だね。」と。

 

柔道大会の救護派遣、これは即時対応の実践の場です。

これもまた得られる経験が貴重です。

 

入会し勉強会など参加しなければ分かりませんでしたが、

知らず知らずのうちに栃木県柔道整復師会に守られていたのです。

 

個々で対応するよりも業界としての意思を伝え更なる向上を目指すためにも集団としての力が必要だと感じました。

発言力を強く持てるよう協力していけたなら、もっともっと社会に貢献できると思います。

柔道整復師の未来を明るくしていけるようご協力をお願い致します。

 

栃木市 穹接骨院 丸山佳洋

 

(公社)栃木県柔道整復師会入会のご案内

 

栃木県柔道整復師会入会のご案内

公益社団法人栃木県柔道整復師会はあらゆる柔整問題を解決するため、厚生労働省等と交渉できる唯一の団体である公益社団法人日本柔道整復師会を頂点とする組織団体です。

本会は県下唯一の公益社団法人の柔道整復師会であり、最近急激に増加している個人契約者にはない様々なメリットがあります。

1.  本会は、栃木県知事、関東厚生局長と受領委任取扱いに関する三者協定を締結しています。

   各保険者と信頼・相互理解関係を構築しており、安定した保険請求が可能となります。

2.  行政や関連機関との連携が密ですので、日々変化する最新の情報を正確に収集し、

     社会的に信頼された団体として素早く対応することが可能であり、

     会員への指導が行き届いています。

3.  療養費審査会等では当会の役員が審査委員として参加しております。    

     保険者と社団会長の協定締結により、会員の保険請求上のトラブルに対して、

     保険部を中心に組織として対応します。   

     組織として保険取扱い情報等を早期入手でき、正確かつ迅速に会員に発信しています。

4.  保険取扱い届出業務、レセプト請求手続きを代行し、

     療養費の受取までが迅速かつ安全に行われます。

     正しい請求をするための定期的な保険事務講習や、 

     疑問や不安を解消するための保険相談を行っています。

5.  患者さんが各会員の施術所、待合室や受付で自由に手に取り、 

     見ることのできるリーフレットを作成し、接骨院・整骨院とは何かを啓蒙する活動を行っています。

6.  会員の資質向上のため柔道整復術の学問的研究の道が開かれています。

     学術講習会も多数開催しており、充実した学術・技術の研鑽をすることができます。 

7.  公益活動として地域の行政と深く関わり地域住民のための活動を積極的に行うことができます。 

    また、応急・救護トレーナー活動や介護予防事業など地域貢献活動に参加できます。  

  介護の分野では、契約している市町村で介護予防事業に参画できます。  

    各種スポーツ大会の救護やケアに参加・帯同することで、

    最近遭遇することが少なくなった新鮮外傷に触れることができます。 

8.  学術図書や学術ビデオの貸出が受けられます。

9.  会員相互扶助目的の「互助会」に加入できます。  

10.「公益社団法人日本柔道整復師会」「日本柔道整復師会関東ブロック会」に入会できます。

     また、他府県の公益社団法人とも常に情報交換や協力関係を維持構築しており、

     個人では不可能なことを大きなネットワークで可能にすることができます。  

11. 叙勲、褒章、厚生労働大臣・県知事表彰への推薦を行い、

      会務に功労のあった会員には永年会員等の表彰があります。  

12. 顧問弁護士による医事相談や顧問公認会計士による税務相談が受けられます。

 

近年、柔道整復師の保険取扱いによる申請書については、健保組合を問わず、

協会けんぽ、共済組合等、厳しい調査・返戻が行われており、

開業中の柔道整復師には大変な脅威となっております。  

とりわけ個人契約者として個々に請求を行っている方々は、

保険者や審査会からの直接的な指導調査に対応する必要があり、

大変なストレスとなってきます。

当会の会員にはでき得る限りのバックアップを致します。  


栃木県柔道整復師会互助会 

本会会員の相互扶助と生活安定に寄与する目的で、死亡弔慰金や慶弔病気見舞金、火災・災害見舞金を支給しております。

 

栃木県柔道整復師協同組合

衛生材料・医療機器の安価購入、各種保険の優遇加入が受けられます。

 

 付設診療所「とちのきクリニック」 

本会には付設診療所があり、医師の同意・交通事故患者の診断・検査を無料で受けることができます。

また、治療方針、予後に関してアドバイスを受けることができますので、安心して施術を行えます。

 

質向上のための各種研修会・学会

柔整学、整形外科学関連

公益社団法人日本柔道整復師会関東学術大会(3月)

公益社団法人栃木県柔道整復師会学術講演会(7月・10月)

公益社団法人栃木県柔道整復会支部論文発表会(10月)

公益社団法人日本柔道整復師会生涯学習講習会(10月) 

日本柔道整復接骨医学会学術大会(11月)

超音波観察講習会(不定期)  

認定研究会「整骨みらい塾」(年2回)  

介護関連

機能訓練指導員実務研修会・認定柔道整復師フォローアップ講習会(不定期)

地域包括ケアシステム研修会(不定期)  

介護予防教室 

新鮮例経験・技術向上のための各種スポーツ大会救護・ケア

本会主催柔道大会(5月)

県柔道連盟依頼の小中高生柔道大会等(年数十回)

日光いろは坂女子駅伝(11月)

足利尊氏公マラソン大会(11月)

男体山登拝講社大祭(7月)

宇都宮トレイルラン(11月)

夢ふるとちぎ路駅伝大会(1月)

栃木県防災訓練(8月)

日赤栃木県支部事業(年数回)

療養費の適正請求のために

療養費取扱い研修会(不定期) 

各支部レベルの保険研修会・説明会(随時)

 

入会費用2017

お預かりした大切な会費は公益法人会計として公的に予算管理され、業界の発展と本会運営のために、また会員ご自身が多くの恩恵を受けられるよう、適正に運用されています。

第9回帝京大学・栃柔整ジョイントシンポジウム

2017シンポかたおかHP.JPG豊郷台の10年、柔整教育を語る

平成29年7月30日帝京大学

恒例のジョイントシンポジウムが同大井原正博学科長・専攻長の開会宣言で、多くの聴講者を迎え開催されました。

初めに同大学柔道整復学科講師の長畑芳仁先生が

「2020東京オリンピックにおけるメダル獲得への取り組み事例(ボート競技)」を講演され、

また、同大大学院生による発表がありました。

豊郷台シンポとしては第10回となるため、記念特別企画として「柔道整復師の大学教育と社会のニーズ」と題し、

帝京平成大学ヒューマンケア学部柔道整復学科学科長樽本修和先生を座長に、

同大学グループの学科長・専攻長4人による、

柔道整復学教育における現状と課題その対策についての発表がありました。

当会片岡会長も実際の現場から柔道整復師の今の立場、接・整骨院の理解度、今後の展望を発表しました。

また、パネルディスカッションも行われ演者全員が熱く語り合い意見交換されました。

 

当会からは、学術部の高村嘉一副部長が「負傷する確率が高いのは利き手側か反対側か」の演題で、2017シンポたかむらおおあしHP.JPG

同部員の大芦昌代会員が先の関東学科で発表した「幼児の鑑別困難な上肢外傷の考察」から症例報告を行いました。

 

地域医療の一端を担い、市民に一番近い立場の柔道整復師が確たる効果のある施術を施すのみでなく、

様々な医療とのつながりの中で、その窓口としての役割を果たし、

社会の中でなくてはならない存在として柔道整復が発展し続けることを願います。

 

広報部

第3回宇都宮大学テ−ピング講習会

人気の講習会、定着を目指して…

 

平成29年8月5日、宇都宮大学において当会主催の第3回テーピング講習会が開催されました。

このテーピング講習会は、学生に正しい外傷の知識とテーピング技術の普及をすることが目的です。

当日は定員を上回る53人の運動部の学生が参加してくれました。

 2017宇都宮大学テーピング講習会01HP.JPG

当会からは江原副会長と高野学術部長、学術部から滝田部員、岡本部員と私の5名で

指導にあたりました。   

この講習会も3回目となり、今回は中級編として「ホワイトテープを使った足関節の固定法」と

「足関節捻挫急性期の固定法」を中心に講習を行いました。

講習会に先立ち、江原副会長は柔道整復師について

「柔道整復師は外傷の専門家。国家資格であり健康保険の取り扱いができる」と説明しました。

 

講習では、岡本部員がテーピングの基礎知識を説明。

講習が終わると9班に分かれ実技指導を行いました。

初めてホワイトテープを扱う学生も多く、貼付方向や力加減など悪戦苦闘する姿も見られましたが、

ベテランの講師陣が丁寧に指導し、時には冗談も交えて和やかな雰囲気で実技が進みました。

数回の練習を重ね、学生の皆さんも上達し「足首をしっかり固定できた」「気持ちの良い圧迫加減」など

感想を話し合っていました。

 2017宇都宮大学テーピング講習会02HP.JPG

高野学術部長は、当会会員の接骨院・整骨院であれば

当会付設診療所「とちのきクリニック」にてレントゲン検査を受けられることや、

宇都宮以外の地域でも、提携および協力医療機関へ紹介し

検査受診ができることを伝えました。

 

みなさんもケガや体を痛めたら、お気軽に地域の接骨院・整骨院に相談して下さいね。

学術部

男体山登拝祭救護リポート2017

2017なんたいさん02HP.JPG霊峰7度目、経験を積む 

 

平成29年7月31日・8月1日の2日間にかけて行われた男体山登拝祭の救護に、

当会から4人の救護員を派遣しました。

 

〜救護員による男体山救護レポート〜

登拝祭は1200年以上の歴史をもつ二荒山神社の最大の祭りで、

毎年多くの人々がご来光を拝もうと頂上を目指し夜間登山を行ないます。2017なんたいさんHP.JPG

毎年の救護で心配なのが、山の天候です。

今年は晴天には恵まれなかったものの、一時的に小雨があった程度で、

救護する私たちにとっては過ごしやすい恵まれた天候でした。

 

登山者の救護には日本赤十字、自衛隊、警察が概ね活動にあたります。

私たち柔道整復師は日本赤十字社の「災害救護奉仕団」として社務所・4合目・7合目・頂上に各1名ずつ配置され、

県内の日本赤十字病院の医師・看護師などと共にチームを組んで、それぞれの専門分野を活かし救護にあたりました。

 

今年、私は4合目の担当になり、那須赤十字病院救急科の斎藤豊医師とICUの看護師たちと連携し活動しました。

安定した天候だったためか、4合目での要救護者は6人でした。

 

学術部 舘 佳孝

 

14時間の過酷な救護〜100qマラソン〜

日光100kmまらそんHP.png平成29年7月2日、

「日光をランナーの聖地」とする実行委員会主催「日光100qウルトラマラソン2017」が初開催され、

日光市内の100qと62.195qの2コースを国内外合わせて2267人のランナーが参加しました。

当会からは理事6人が日光市からの委託を受け、医師・看護師とともに救護を担当しました。

救護班第1組は江原副会長と半田経理部長が担当。

スタート時間の午前4時半、発着点の今市運動公園本部から各選手のスタートを見届けてスタンバイです。

脱水症状などの内科的症状は担当医師と看護師が、私たち柔道整復師は運動器の傷害を担当しました。

第2組は午前9時から倉持事業部長と小森広報部長が、第3組は塚原保険部長と高野学術部長が担当しました。

広報部