寒風を力走 タスキを繋ぐ

平成29年11月26日、第4回日光いろは坂女子駅伝大会が初参加校2校を含む12校13チームによって開催されました。

スタート地点からゴール地点までの標高差が875mの上り坂のコースをひたすら登坂する過酷な条件のレースです。

今回、当会鹿沼支部から救護員としてP9-1 ekiden.jpg

福田己智雄(福田接骨院・日光市)

森田悦宣(森田接骨院・鹿沼市)

大島正信(大島整骨院・日光市)

大橋晴司(晴司整骨院・日光市)

大橋克仁(大橋整骨院・日光市)の各会員と

私の6人が派遣されました。

私が担当したゴール地点の奥日光・二荒山神社中宮祠は、開催数日前に降雪の情報もあったため、

防寒着と携帯カイロを全身に貼り付け、寒さ対策を万全に会場に向かいました。

救護所では医師と看護師と私の3人で救護活動をすることになりましたが、

幸いゴールする選手たちに大きなケガやアクシデントはなく、レースは無事に終了しました。

 

鹿沼支部 福田 勉(栄整骨院・日光市)

宇都宮記念病院 三輪先生への紹介状

宇都宮記念病院 三輪道生先生専用の紹介状を作成しました。

柔整師のページからダウンロードしてお使いください。

三輪先生が紹介されています(宇都宮記念病院HPより)→ shincho.pdf

 

やっててよかった〜、骨密度測定

11/5 赤十字まつり2017

「いつの間にか骨折」、よく聞くあのCM。

お年頃の腰痛患者を検査をしてみると骨粗鬆症からの脊椎圧迫骨折は意外に多いようです。

そのような背景のある中で、今年も宇都宮市ベルモールで開かれた「日赤まつり」に接骨・整骨災害救護奉仕団として、

宇都宮支部から小倉柱三会員、菊池利幸会員に協力してもらい計8人で参加しました。

この日は来場者そのものが少なめだったが、それでも185人が測定に訪れてくれました。

 

測定結果が良くなかった40代女性は

「結果を見てドキッとしたが、説明も分かり易くためになった。これからは体に気を付けようと前向きに思えた」

と帰宅しても相談内容をよく見直すと言ってくれました。

2017 日赤まつり02HP.jpg

また、良好な結果だった70代女性は

「義妹が骨粗鬆症で良くないので、自分も心配だった。

なかなか(測定の)チャンスがなかったから今回来てよかった。ありがたいこと」

と活動そのものを評価していただきました。

 

半田部長も石井部長も相談を受けながら

「結果に家族構成や家庭環境の違いが表れているようだ」と口を揃える。

若い世代の核家族と二世代同居では、食生活の面で(栄養バランスの)違いがあるためでは?と分析する。

 

半田部長は「今後は家族構成など生活環境のデータが取れれば公衆衛生に役立てられるのでは」と語っていた。

 

広報部副部長 小野塚和史