満員御礼!!ハカセ太郎先生の講演に350人

P1-2 発表者01HP.jpg平成29年10月15日、帝京大学地域経済学部大講堂にて、

無料公開講座「第29回支部代表者研究論文発表会及び第81回学術講演会」が開催されました。

支部論文発表では、当会員各支部の代表者10人によりバラエティーに富んだ研究の成果が発表されました。

 

続いて、特別講演である刈屋太郎先生の講演です。P1-1 かりや04HP.jpg

刈屋先生は、柔道整復師として県内で初めて博士号の学位を取得された偉人です。

 

講演の内容は脱臼や骨折の整復法(骨が折れて曲がったり、関節が外れたりしたものを元の位置に戻すこと)の

注意点やコツを丁寧に説明して頂きました。

手術を選択されるような粉砕した骨折や、変形した骨折を徒手にて整復し、

保存的に治療してしまう先生の名人芸に引き込まれるように参加者の眼差しが注がれていました。

 

学校でも教鞭をとっておられる先生は、「ほねつぎ」の技術を伝承するため、

後進の育成にも力を注いでいる様子が良く窺がえました。

今後も刈屋先生には「ほねつぎ」の育成と柔道整復業界の発展に尽力して頂きたいと思います。

 

今回の講演会聴講者は350人を超え、会場はほぼ満員となる近年類を見ない程の大盛況の講演会でした。

学術部

 

県民の健康づくりに当会もひと役

2017健康フェスHP.jpg平成29年10月14日とちぎ健康の森において、

「とちぎ健康フェスタ2017〜目指せ!健康長寿日本一〜」が開催されました。

これは健康長寿とちぎづくり推進県民会議・栃木県が主催している

「県民のための健康づくり応援イベント」で、当会でも4年前から参加しています。

今年は当会から4人が参加、例年どおりブースを借り切り、骨密度測定と健康相談を行いました。

イベントはヘルシートーク及び健康落語、ヘルシー弁当の販売、健康食品の試飲・試食、

栄養・歯科・薬の相談、運動体験、競技かるた実演、ゆるキャラショー、ペッパーHP.jpg

ハンドベル演奏会など多岐にわたり、1日中楽しめる内容となっています。

当会ブースには220人を超える方にお出でいただき、ありがとうございました。

県民の皆様の健康志向が強くなったためでしょうか、参加者の方も年々増えているように思います。

皆様も一度足を運んでみてはいかがでしょう。楽しそうですよ。

私は忙しくて他のブースを見ている暇はなかったのですが…。

広報部長 小森 照久