帝京大学とのジョイントシンポジウムを開催しました

8帝京大学・栃木県柔道整復師会ジョイントシンポジウム

 平成28年7月31日 帝京大学宇都宮キャンパス

 

帝京大学医療技術学部柔道整復学科講師 阿部弘之先生

「鑑別診断と医療系領域に於ける共通言語の確立の重要性」

 

特別講演

富山大学医学部システム情報科学教授 西条寿夫先生

「筋障害のメカニズムと柔道整復後療法の有効性」

 

帝京大学理事長・学長 佳史

「帝京大学創立50年の歩みとこれまでの歴史をしのぐ未来」

 

栃木県柔道整復師会塩谷支部滝田藤夫学術部員

takita fujio.jpg

「県内少年柔道大会における救護活動報告」

 

 

当会が十数年前から行っている柔道大会への救護派遣の実績の中から、

救護活動調査期間を3年とし、負傷状況の実態や調査・分析・検証を報告しました。

 

栃木県柔道整復師会足利支部片柳敏彦事業部員

katayanagi toshihiko.jpg

「膝蓋骨不全骨折(横骨折・縦骨折)の施術についての一考察」

 

 

受傷直後はラバーパッドや金属副子を用いた包帯固定を、

そして回復期にはテーピングを施し、

自動・他動運動の併用により正座が可能になるまでの治療経過を発表しました。

医師と連携を保ちながら、横・縦骨折それぞれの腫脹の軽減を図り、

運動障害の長期化を予防しました。

広報部

  

    

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15474281
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)