第54回栃木県公衆衛生学会

平成28831日、栃木県総合文化センターにおいて第54回栃木県公衆衛生学会が開催されました。

 

高村嘉一学術部員が、当会員の協力を得て収集した920人分のアンケートデータを分析・考察し2016公衆大会1.png

「負傷する確率が高いのは利き手か反対側か」との演題で発表を行いました。

興味深い点は、利き手側の負傷は、右利き58.08%、左利き66.67%であったことや、

女性に限ってみると、利き手側の負傷は、右利き58.7%に対し左利き81.48%と多いことです。

 社会においては右利きが約90%と多数を占め

「道具・機器が右利きを意識して作られていることや、

スポーツ競技の設定も右利きを前提にしていることが多く、

特に筋の脆弱な女性にとって不便で負傷につながるのではないか」と考察しています。

今回の発表は、予防医学の観点からみても大変有意義だったと思われます。

  

発表に先立ち行われた保健衛生事業功労者表彰では、

当会から知事表彰を

吉田仁(足利)

大会長表彰を

藤野実(宇都宮)

小林栄稔(鹿沼)2016公衆大会2.png

上田利雄(小山)

磯雅弘(塩谷)

石塚文隆(芳賀)

の各会員が受章しました。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15499371
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)