第79回学術講演会を開催

<平成28年10月16日 帝京大学大講義室>

2016やました.JPG

「二つの震災を経験して・医療者にできること」

講師 自治医科大学救急医学・消化器外科センターの山下圭輔教授

 

「もしもの事態にどれだけ備えられるか」

備えがあれば、被害を軽減できる(減災)。

 

実際に県内で発生した災害の被害状況や、災害急性期に活動できる機動性を備えた医療チーム『DMAT』の役割を説明していただきました。

また、先に発生した熊本地震の事例を踏まえて、柔道整復師の災害派遣現場での役割と災害現場における災害医療の重要性についてお話しいただいた。

最後の「ただ単に熱意があるというだけで現場に入って活動してはならない。現場で活動するには、それにふさわしい知識と装備が不可欠だ」という先生の言葉が印象的でした。

その時、何ができるのか。

現在、災害医療に対する十分な準備ができているのか。

改めて、自分自身に問う機会を与えていただいた貴重な講演でした。

                                     学術部 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15531996
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)