第39回関東学術大会埼玉大会

平成29年312日に第39回関東学術大会埼玉大会が、大宮ソニックシティで開催されました。

 

当会の大芦昌代会員(佐野)が「幼児の鑑別困難な上肢外傷の考察」と題して発表を行ないました。

「幼児は、思いもよらないことで負傷することがある。

保護者が見ていない所で受傷する場合もあり、

患者本人から負傷の原因や自覚症状を詳しく聞けないことが多々ある。

多くの情報を捉え、判断材料とすることが必要である。

今後も患者の苦痛を早急に取り除くことができるように対処していきたい」2017.03大芦.jpg

と、落ち着いた口調で堂々と発表しました。

 

 

特別講演が行われ、講師は

大峯千日(おおみねせんにちかいほうぎょう)満行者

福聚山慈眼寺住職 大阿闍 塩沼潤 

でした。

 

「大峯千日回峰行」とは、年間4ヶ月を行の期間と定め、標高1355mの険しい山道を148q、

千日間歩き続ける修行で9年の歳月を要します。

満行後はさらに「断食・断水・不眠・不臥」を九日間続け、

行の間は20万編の真言を唱え続ける「四無行」をも達成されました。

その過酷さから、達成者は1300年間で僅か2人。

修業中同じことの繰り返しで見える真実を日記をもとに様々な心境を語ってくれました。

 

 

学術部

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15634331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)