2018年3月11日 関東学術大会千葉大会

7年の時を越え 追悼の研学

東京ベイ幕張ホールにおいて、3月11日第40回関東学術大会千葉大会が開催されました。

平成23年に予定されていた前千葉大会は、まさに7年前のこの日に起きた、

未曽有の災害「東日本大震災」の影響を受け、中止となったことが思い出されます。

 

内臓脂肪、減らして健康エイジング

今回の特別講演は「おもいッきりテレビ」「世界一受けたい授業」などテレビ出演でお馴染みの、

岡部クリニック院長、岡部正先生により「長寿ホルモンとナイスエイジング」の演題で行われました。

一般的に有名となった「長寿ホルモン」は岡部先生が命名したそうです。

このホルモンを増加させるには、内臓脂肪を減少させるダイエットが重要で、

食品では、

オメガ3脂肪酸(亜麻仁油)、ノビレチン(シークワーサー)、βコングリシニン(大豆たんぱく)を

摂取することも大切なのだそうです。

 

柔整技術の本道的発表、会場も称賛2018.03.11関東学会疋田先生.jpg

午後に入り、大会の主役である各県の代表者による研究発表が始まりました。

当会の代表である栃木支部の疋田拓也会員は第5発表で登壇し

「肩関節前方脱臼の整復法」(患者にやさしい整復法)という論文を発表した。

この発表に対する関心は高く、会場からの質問に対しても丁寧に回答し、盛大な拍手の中で発表を終了しました。

学術部

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15933646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)