謹賀新年

片岡祥二写真.jpg 

伝統の狭間に生きる誇り

 

公益社団法人 栃木県柔道整復師会 

会長 片岡 祥二 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

お陰様で2021年に当会は創立100年を迎えます。 

 

私たち柔道整復師には、我が国に西洋医学が入ってくるはるか以前から、 

脈々と受け継いできた純然たる医療である「柔道整復術」という伝統の確かな技術が、

 国民に受け入れられてきたという歴史があります。

 
しかし、養成校の乱立により柔道整復師の急増・施術所の過剰供給による飽和状態を招きました。 

また、整体院との区別が国民に理解されにくいこともあり、

 今まで多くの国民に支持されてきた「ほねつぎ」「接骨・整骨院」が衰退しつつあります。

 
整形外科とは異なる、伝統ある無血療法の柔道整復術の火を消してはなりません。

私たちには、この素晴らしい柔道整復術を子々孫々に伝えていく義務があります。

今こそ、伝統の国民医療の誇りを取り戻さなければなりません。

 

平成もまもなく終わろうとしています。

新しい年号にふさわしい柔道整復師が誕生することを切に願っています。 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16063466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)