令和元年10月20日学術講演会を開催しました。

自衛と自栄のためにスキルアップ
10月20日、帝京大学宇都宮キャンパスにて第85回学術講演会を開催しました。

第1部 演題「交通事故における法律基礎と対応Q&A」

講師 当会顧問弁護士  今泉法律事務所  

伊藤 一(はじめ)先生 伊藤 幹哲(まさのり)先生

伊藤一.jpg伊藤幹哲.jpg

交通事故は10年で4割減少している反面、事故案件は10年で5倍に増加しています。

講演では、案件の判例を挙げて、その解釈と自衛策について解説されました。

また、保険会社とのトラブル例とその対応などをQ&A方式で説明していただきました。

 

第2部 演題「関節疾患の治療〜股関節温存手術から人工関節置換術〜」

講師 獨協医科大学整形外科学教室医局長  富沢一生(かずお)先生

富沢一生.jpg

股関節、膝関節の人工関節置換術、骨切り術、関節鏡手術について動画を交え、

詳しい説明をしていただきました。

治療では、初期の場合は保存療法適応となり 運動療法が有効と説明がありました。 

 

学術部

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16203271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)