第86回学術講演会(Web開催)2021.07.11

超音波観察装置(エコー)基礎研修

7月11日、当会初のオンライン開催となった第86回学術講演会が行われました。

これは、整形外科にレントゲン機器があるように、整・接骨院には超音波観察装置が設置されていることを目指しての研修です。

超音波観察装置のメリットとしては、骨の観察はもちろん、骨以外の軟部組織(筋肉・じん帯・腱など)が観察できることや、

関節に溜まった水などもみることができます。

また、写真とは違い、リアルタイムで関節や筋肉の動きを見ることができます。

エコー講演会HP.jpg


これにより施術上での的確な判断が可能です。しかも人体に安全です。

当会所属の接骨院・整骨院では、すでに超音波観察装置を設置しているところもあります。

当会では、未設置の接骨院・整骨院に積極的に導入を推進していきます。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16414911
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)