骨密度測定、駅伝の名物に。とちぎ路駅伝2020

とちぎ路駅伝2020.jpg

1月20日、今年も栃木市総合運動公園で「夢ふるとちぎ路駅伝」に骨密度測定・健康相談のブースを開設しました。

朝から復路スタートの午後1時30分まで、122人を測定いたしました。

今年は、当会で配布している小冊子「あなたの街の接骨院・整骨院」を持って来られる方が多くみられました。

冊子には骨密度の測定結果が5年間記録できますが、今回5回目という常連さんもいらっしゃいました。

「駅伝応援に来たんじゃないんだよ。これが目当てで来たんだ」

「去年低いって言われたので病院に通って薬飲んでます。今年はどうですか?」

「去年アドバイスを受けたので、食生活を気を付けています」

「運動頑張りました」

「新聞を見てきました。測ったことないので」

いろいろな声を聞くことができました。

 

人生100年といわれる時代、私たちの活動が県民の皆様の健康増進の一助になっていると強く感じられました。

学術部長 高野康弘

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16238111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)