旬ってなぁに?

旬のものは、おいしく栄養価も高い!という「旬」とは何?

 春夏秋冬、四季の移り変わりがはっきりしている日本では、それぞれの季節ごとにおいしい食べ物があります。その季節のまっさかりのものを旬のものといいます。ときどき、旬とは、めずらしいものとか、まだ出まわらない内の出始めのものと誤解している方がいますが、決してそういうものではありません。

 もともとこの旬という言葉は、月の上旬(上旬)、中旬、下旬などと1ヶ月を3つにわけた旬(じゅん)のことで、1旬は10日間ということになります。

 保存方法が難しかった昔は、季節ごとにおいしくなる野菜や魚などに対して、特においしさのヤマは10日間ほどだということで、旬(じゅん)を旬(しゅん)という言葉に置き換えたのです。昔の料理は、1旬ごと(10日ごと)に、それぞれの旬のものを使って献立を変えるのを大切にしていたのです。

 保存技術も向上するとともに温室栽培、養殖などで季節を問わずいつでも手に入るようになりましたが、食養生で考えると、季節季節にとれる旬のものは、その季節に合った陰陽バランスの取れたものがほとんどで、とくに身の周りでまっさかりの時期にとれたものが最良とされています。ぜひ、真の「旬」を味わいながら健康管理をしていただきたいと思います。

柔道整復師とは・・・

昔から「ほねつぎ」という愛称で親しまれてきたのが柔道整復師。

整骨院・接骨院の先生たちです。 

「ほねつぎ」とは「骨接ぎ」、読んで字のごとく「骨を接ぐ」→「骨折を治す」職人です。「骨を接ぐ」だけでなく、はずれた関節(脱臼)を元にもどしたり、ねじられた関節(捻挫)の治療、打ち身(打撲)や筋の断裂(挫傷)の処置も行います。

まさに「ケガに対するスぺシャリスト」といってもよいでしょう。 

まずは、どんな仕事なのかのぞいてみましょう。 症例やご紹介ページへ→ 

整骨院の仕事の特徴は、こういった「ケガ」を外科的な処置をせずに治すことにあります。

骨折や脱臼であれ

● 徒手整復(熟練した手技により、骨の位置を元に戻すこと)

● 固定(戻した位置関係を維持すること)

●  物理療法(電気療法・温熱療法により損傷部の回復を促進すること)

●  リハビリ(物理療法やマッサージ、機能訓練等により社会復帰を促進すること)

一般に「切れたら手術」と考えられている「アキレス腱断裂」も手術しないで治します。 

整骨院での保存療法(外科手術をしないで治すこと)のメリット

● 損傷を最低限に抑えることができる。

● 皮膚や皮下組織を傷つけないので治りが速い。

●  傷跡が残らない。

●  感染のおそれがない。

●  入院・点滴・投薬がいらない。

●  治療費が安い。

●  毎日経過観察できるのでミスがなく、キメ細やかなケアができる。

●  固定しながら同時に物理療法も行うので、リハビリの期間が短縮できる。