14時間の過酷な救護〜100qマラソン〜

日光100kmまらそんHP.png平成29年7月2日、

「日光をランナーの聖地」とする実行委員会主催「日光100qウルトラマラソン2017」が初開催され、

日光市内の100qと62.195qの2コースを国内外合わせて2267人のランナーが参加しました。

当会からは理事6人が日光市からの委託を受け、医師・看護師とともに救護を担当しました。

救護班第1組は江原副会長と半田経理部長が担当。

スタート時間の午前4時半、発着点の今市運動公園本部から各選手のスタートを見届けてスタンバイです。

脱水症状などの内科的症状は担当医師と看護師が、私たち柔道整復師は運動器の傷害を担当しました。

第2組は午前9時から倉持事業部長と小森広報部長が、第3組は塚原保険部長と高野学術部長が担当しました。

広報部