礼法を重んじ豊かな人間性を育む

平成30年5月3日  第34回栃木県柔道整復師会柔道大会


当会最大の公益行事である柔道大会が県武道館において行われ、

小学生146人、中学生は男子21校、女子は13校、形競技7組が出場し、小中学生の熱い激戦が繰り広げられました。

 

小学生の部(柔道個人戦・形競技会)の成績優秀者は

10月7日、講道館で開催される第27回日整全国少年柔道大会へ栃木県代表として出場します。

 

小学生栃木県代表選手 前列右から

栃木県代表チームHP.jpg

先鋒:中村豪(帝京豊郷台柔道館)次鋒:村岡煌翔(足利修練塾岡ノ谷道場)

中堅:橋梨子(帝京豊郷台柔道館)

後列右、副将:小林杏遙(大平町少年柔道クラブ)、左は大将:黒田佑斗(岩舟柔道会)

 

  

小学生形競技会

形競技会は合計7組が競い合い、未来塾が優勝し全国切符を手にしました。

 栃木県形代表チームHP.jpg

 

 

未来塾  取 関根海冬 受 成田悠人

 

中学校の部は足利第一がアベック優勝!ともに2連覇!

足利第1男子HP.jpg

足利第1女子HP.jpg

 

 

 

 

 

広報部 丸山佳洋