旬ってなぁに?

旬のものは、おいしく栄養価も高い!という「旬」とは何?

 春夏秋冬、四季の移り変わりがはっきりしている日本では、それぞれの季節ごとにおいしい食べ物があります。その季節のまっさかりのものを旬のものといいます。ときどき、旬とは、めずらしいものとか、まだ出まわらない内の出始めのものと誤解している方がいますが、決してそういうものではありません。

 もともとこの旬という言葉は、月の上旬(上旬)、中旬、下旬などと1ヶ月を3つにわけた旬(じゅん)のことで、1旬は10日間ということになります。

 保存方法が難しかった昔は、季節ごとにおいしくなる野菜や魚などに対して、特においしさのヤマは10日間ほどだということで、旬(じゅん)を旬(しゅん)という言葉に置き換えたのです。昔の料理は、1旬ごと(10日ごと)に、それぞれの旬のものを使って献立を変えるのを大切にしていたのです。

 保存技術も向上するとともに温室栽培、養殖などで季節を問わずいつでも手に入るようになりましたが、食養生で考えると、季節季節にとれる旬のものは、その季節に合った陰陽バランスの取れたものがほとんどで、とくに身の周りでまっさかりの時期にとれたものが最良とされています。ぜひ、真の「旬」を味わいながら健康管理をしていただきたいと思います。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13418106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)