宇都宮市災害時医療救護活動報告

宇都宮市では災害時における医療救護活動の円滑な実施のために、毎年救護所設営訓練を行っています。

今年度は宇都宮第一病院、NHO宇都宮病院、柴病院、宇都宮南病院、宇都宮記念病院の5か所で

救護所設置訓練を行うことになりました。

参加者は私たち柔道整復師のほかに、災害時医科救護所において医療救護活動に従事する、

医師・薬剤師・看護師及び各救護所設置医療機関担当者20名ほどです。

今回、宇都宮記念病院の訓練に、当会の荒井宇都宮前支部長と参加してきました。

訓練内容は、宇都宮市が設置している災害時救護所備品倉庫の位置の確認、

重さ100s程のエアーテントを運びテントの立ち上げ、備品のテント内設置、

エアーテントのたたみ方の訓練を行ってきました。宇都宮市災害時医療救護活動救護所テントHP.jpg

今回宇都宮記念病院の訓練では、記念病院が立ち上げ訓練をやっていたこともあり、

大変スムーズなテント設営訓練となりました。

 

平成29年9月29日  経理部長 半田光男